当サイトについて

飲食集客大辞典は、居酒屋宴会、レストラン宴会など飲食店のための飲食集客ノウハウを追求し無料で提供しています。

当サイトは、「飲食店を愛する」、もっと簡単に言えば、「居酒屋で宴会をするのが好き」な昭和生まれで思考も生態もオヤジな有志が飲食集客をキーワードに飲食集客大辞典を作っています。

飲食集客のノウハウを無料公開しているわけ
残念なことに居酒屋で宴会をしている風景はだんだんと減ってきました。会社の同僚と帰りに居酒屋でメートルを上げる風景も見られなくなってきたのです。宴会が減るとともに昔ながらの居酒屋や飲食店が無くなってきました。気が付けば、よく通った居酒屋や飲食店がコンビニや美容室に変わっていっているのです。

「あの飲食店、もう少し集客が出来ていれば、潰れなかったのに。あのおばちゃんの作ったモツ煮は、もう食べられないのか」と背中を丸くして帰ったものです。

もう少し、あの飲食店に通ってあげることが出来ていれば・・・
もう少し、あの飲食店で集客出来ていれば・・・。

後悔しても、おばちゃんの作ったモツ煮は帰ってきません。
後悔しても、されません。
飲食集客のバランスが大事
昭和生まれで思考も生態もオヤジな有志が考える飲食集客の三大要素は、以下ではないかと思っています。

  1. 美味しい料理と・美味しいお酒(その店でなければ食べられない料理)
  2. 自然な会話で接客が出来る従業員
  3. 店の雰囲気(店主のこだわり)

この飲食集客の三大要素がしっかりしている飲食店は、いつも常連客で店内がいっぱいです。とはいえ、常連客でいっぱいの飲食店は、新規顧客には入りづらいもの。そして、常連客(リピーター)も転勤や転職などで、いつかはお店から足が遠のきます。

飲食集客で最も大事なことは、新しく来店するお客様(新規顧客)と何度も来店してもらうお客様(リピーター)の2つのバランスなのです。

新規開拓を専門に行う営業マンに言わせれば、「新規のお客様に商品を売る」のと「既存のお客様に商品を売る」のでは、既存のほうが5倍ラクということです。これは「1:5の法則」と言われ、売上げ金額が同じでも、新規顧客のほうが販売コストが上がり、利益率が下がります。

新規顧客獲得のための販売コストとは、「ぐるなび」、「食べログ」、「ホットペッパー」、「グルーポン」、無料誌、チラシの配布などの広告費用です。常連客が、これらを見て飲食店に来ることはありません。

人通りの多いところでチラシを受け取り入ってみたら、味もサービスもひどい飲食店だったという経験は誰でもあるはずです。新規の集客に目がいきすぎるあまり、肝心の料理の質やサービスに目が行き届いていない飲食店があるということです。

つまり、常に新規の顧客を探している飲食店は、使う側からみると「1回行ったけど2度と行かないお店」という可能性が高いことになります。2度と来ない客にコストをかけ続けるのは、意味がありません。

何度も書きますが、飲食店として大事なことは、常連客(リピーター)を大事にしながら新規顧客を集客するバランスです。

飲食集客のノウハウは、完全無料
飲食集客大辞典は、集客に大事なノウハウを無料で公開します。飲食集客大辞典では、「○○○に○○したら、売上が上がった!」などの飲食店向けに胡散臭い商材を販売しません。また、飲食集客大辞典では、「○○○に○○すること」の秘密を知りたければ、無料メルマガに登録してくださいというサイトではございません。

・クーポン付きのチラシを作成して新聞折込やポスティングで配布すること。
・駅前や店舗前でティッシュとクーポン券等を配布すること。
・携帯空メールを利用して、お客様のメールアドレスを収集して案内を送信すること。
・近くの会社などに宴会の営業に回ること。

こういう内容の飲食集客術については、うまくいっている情報を繁盛店の店主から、お客の立場を利用して聞いてきてこの飲食集客大辞典でノウハウを公開します。

是非是非ご自身の判断で、使えると思ったら使ってください。

飲食集客大辞典

昭和生まれで思考も生態もオヤジな有志一同

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 当サイトについて
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]