北九州の飲食店「暴力団立入り禁止!」って書いたらアブナイことに

ヤクザが店にやってきた―暴力団と闘う飲食店オーナーの奮闘記 (新潮文庫)「暴力団員立入禁止」の標章を飲食店に掲げる制度が8月に始まった北九州市で、飲食店の女性が男に襲われる殺人未遂事件が3件発生した。いきなり女性の顔を切りつける凶悪な手口。飲食店ビルへの放火も相次いでいる。制度へのけん制なのか。県警は「暴力団による標章制度への反発という可能性は排除できない」と捜査にあたる。

殺人未遂事件は、8月30日に最初に発生。標章を掲げるスナックの女性従業員(44)が店の前で顔を切られ腰を刺された。今月1日には、標章対象外の小料理屋を経営する女性(55)が帰宅した小倉北区のマンション通路で顔を切られ、腰を刺された。7日にはスナック経営の女性(35)とタクシーの運転手(40)が同区のマンション前で顔を切り付けられた。相次ぐ事件に「警察は市民を守ってくれるのか」と不安がる声も多い。県警幹部は「市内全域、全市民を守るのは無理だ。それを見越しての犯行なら、これはテロだ」と憤る。
引用:産経ニュース


暴力団排除条例の流れの動きなんでしょうか。とても怖い事件が起きたようです。サウナみたいに「刺青のあるかたは~」とかっていう方法じゃダメでしょうね。飲食店の皆様には、気を付けてくださいとしか言いようがありません。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 北九州の飲食店「暴力団立入り禁止!」って書いたらアブナイことに
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]