顧客獲得単価を知っておこう

一生モノの顧客を獲得する方法顧客獲得単価という言葉をご存知でしょうか。

顧客獲得単価とは、一人のお客様が、あなたの商品を購入するまでに必要なコストのことを言いいます。

商品や業種によっても変わる場合がありますが、経営コンサルタントの神田昌典さんによれば、大体2万円程度かかるそうですね。

同様にソフトバンクの孫正義さんが大々的に行ったインターネットプロバイダ契約の顧客獲得コストは、2万円を想定していたそうです。

つまりお客様に来店してもらうには、だまってお店で待っているだけでは駄目で顧客獲得のためのアクションが必要になるんです。

飲食店において顧客獲得の費用対効果が高い方法は、法人向けのFAXDM以外にはありません。

なぜなら、法人の宴会予約は複数名で予約されるからなんです。

宴会FAXのFAXDMなら1000通送って2万5千円程度ですから、法人の宴会予約が2~3件入れば充分に元が取れ、おつりが来ちゃいますね。

FAXDMと比較してダイレクトメールをハガキで1000通送ったら切手と印刷代で5万円以上かかりますから、FAXDMがいかに費用対効果に優れているかということですね。

初めてのお客様が来店するまでに粗利額より、高いコストを集客にかけていては、やればやるほど赤字になってしまいます。

安く集客出来たら、あとは固定客になってもらえるよう最高のおもてなしをしましょう。

一緒にがんばりましょう!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 顧客獲得単価を知っておこう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]